介護資格の種類一覧ヘルパー系からケアマネジメント系までわかりやすく解説

「介護資格の種類ってどんなものがあるの?」

介護の業界は他の業界に比べ、資格の有無がお給料アップにつながりやすい業界☆

お給料面だけでなく、介護資格の学習は入所者とのトラブルや事故の防止にもつながり実務の面でも学ぶ価値の大きい資格です。

また、介護資格は無資格、未経験の方でもやさしい資格からキャリアップできる仕組みができあがっています。

ここでは数ある福祉系資格のなかでも介護ヘルパー系とケアマネジメント系の資格について、まとめました。

それでは介護資格の種類にどんなものがあるのか見ていきましょう。

介護・ヘルパー

介護の資格は、入門編からある程度の経験者まで様々な資格があります。また、認知症に特化した資格や、介護状態になる前にできる介護予防のスペシャリストの資格などもあります。資格があれば介護施設だけでなく、地域でも働きやすいですよ。そこで、まずは簡単に、資格を見ていきましょう。

介護福祉士

介護職の最上位にある資格で、介護業界唯一の国家資格です。合格率は低く、合格すれば介護のプロになれます。働きながら介護福祉士の資格を取得するためには、実務が3年以上と実務者研修を修了してる証拠が必要です。

介護福祉士の資格があれば就職にかなり有利ですし、資格手当で給料アップする可能性が高いです。また、取得したら更新のための試験もなく、永遠に利用できます。

介護職員初任者研修

「初任者」とあるように、介護の仕事の入門編です。介護の仕事を全く経験していなくても、どんな仕事なのか、介護の仕組み、制度、介護の方法など一通りが学べます。

合格率はとても高く、講座をしっかり理解していれば不合格になりません。また、初任者研修の資格があるだけで、介護の仕事に対する理解が得られるので、あると必ず役に立ちます。

ただし、介護職員初任者研修があるからといって必ずしも資格手当で給料に反映があるわけではなく、事業所によります。

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修の次にチャレンジするのが、介護福祉士実務者研修です。この研修を受けると、最上位の資格の介護福祉士の試験にチャレンジできます。

実務者研修では実践的な講座が多く、医療の分野なども研修範囲です。また、実務者研修があるとサービス提供責任者として働く事ができます。サービス提供責任者は介護施設に必ず必要な人材なので、職場で活躍するなら必要な資格です。

認知症ケア専門士

認知症ケア学会が運営する資格です。介護の現場でも認知症を専門としていて、活躍できるのは介護の現場が主です。

3年以上の実務経験があれば試験を受けれますが、試験は筆記だけでなく論述や面接があります。そして、取得した資格は更新が必要です。認知症を取り巻く環境は月日で変わるので、更新制にして新しい知識や考え方を身に付けるのが目的なのでしょう。

認知症ケア上級専門士

2009年からの資格です。認知症ケア専門士や介護職員を束ねるリーダーになれる資格です。今までの経験を生かして介護に携わり、新人教育なども仕事内容になります。

受験するためには、認知症ケア専門士としての経験が3年以上あり、認知症ケア上級専門士研修会を修了しているなどの条件があります。

ゆくゆくは地域のアドバイザーやリーダーとして働くのなら、視野に入れておくと良いですね。

認知症介護実務者研修

都道府県などの自治体が主催してる研修です。認知症の方が増え、理解を深めるためにできました。

東京都の場合だと、講座が6日間で職場実習が2週間です。そしてレポートを提出したら修了書がもらえます。

認知症介護実務者研修を修了した人が施設にいると、認知症加算と呼ばれるものがプラスされて事業所のメリットになります。また、認知症介護実務者研修を修了した人がいないと運営できない施設もあります。

介護予防運動指導員

「介護予防」とは、介護が必要になる前にそれを予防しようとする事です。具体的には、ストレッチや運動で丈夫な体を作るなどがあります。

介護予防運動指導員の資格があると、介護施設はもちろんの事、高齢者向けの体操教室やスポーツジムなどに就職が有利です。

カリキュラムは31.5時間で、3日間ほどで修了します。内容は、介護予防論や介護予防統計学、リスクマネジメント、失禁予防など専門性が高くなります。

介護予防運動指導員は、介護職員初任者研修や介護福祉士、助産師、医師、薬剤師のいずれか1つの福祉の資格を持っていないと資格取得できません。そのため、まずは介護職員初任者研修を修了し、必要ならばゆくゆくは取得していくと良いでしょう。

介護予防指導士

介護予防指導士は、介護予防指導員に比べるとレベルは低くなります。カリキュラムは21.5時間と、より楽に取れる資格です。内容はリハビリやストレッチ、口腔ケア、転倒予防などで、基本的な事が学べるのが介護予防指導士です。

また、受験資格は介護福祉士や介護職員初任者研修、ケアマネージャーなどの介護の資格を持つ人です。

介護の仕事の理解を深めるために受験しておくと、よりキャリアアップできる資格です。

ケアマネジメント

ケアマネジメントとは、介護が必要な人と介護施設や病院などその人を取り巻く環境をつなげる事です。

例えば転倒して介護状態になった時、病院で薬を処方してもらう、通院するなどが必要ですよね。そして同時に、足が不自由で家のお風呂に入れないのなら訪問入浴が必要などのお世話が必要です。さらにその人が不自由でなく過ごすためにヘルパーさんが必要になるかもしれません。

こういった様々な施設やサービスを、ケアマネジメントが計画してつなぐのです。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは、介護保険の中でその人がどんなサービスを必要とし、どんな効果があるかを考える人です。また、どんなケア(お世話やサービス)をすれば良いか計画を立てます。そして計画を立てたら、それを介護が必要な人に実行してもらいます。上手くいかなければ計画の建て直しをし、上手くいけば様子を見ると、マネージャーのような役割が仕事です。

ケアマネージャーは介護保険や体の状態など、色んな事を吟味しなければいけません。そのため、試験はかなり難関で合格率は20%ほどです。さらには、年々難しくなっているとも言われます。

また、受験資格は国家資格を保有して5年以上の実務経験があるか、生活相談員などの相談業務が5年以上あるかです。

主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)

ケアマネージャーのリーダー的な資格です。ケアマネージャーをサポートし、新人教育などもやります。

ケアマネージャーの資格があり、研修を受ければ主任ケアマネージャーになれます。なのでケアマネージャーになるのは難しいけども、主任ケアマネージャーは比較的簡単になれます。

主任ケアマネージャーの職場は、介護施設や地域包括支援センターなどです。特に地域包括センターだと必ず主任ケアマネージャーがいないとダメなので、就職でかなり有利になるでしょう。また、主任ケアマネージャーがあれば管理職も夢じゃありません。

相談支援専門員

日本相談支援専門員協会が主催する資格です。障害がある人の相談の窓口として働く資格で、サービスの利用計画や成年後見制度などの相談を受けます。

就職先は市町村などの自治体や、支援センターなどです。2011年の古いデータだと1000人ほどが相談支援専門員として活躍しています。介護職員よりも少ない数で、レアな資格ですよね。

相談支援専門員になるためには、介護の実務経験や保健や医療での相談支援の実務経験が3~10年間必要です。これに相談支援従事者初任者研修(31.5時間)を受けると相談支援専門員になれます。

そして、相談支援専門員になると5年に1度の研修が必要です。研修は18時間で、初任者研修に比べると短めです。

サービス管理責任者(サビ管)

サービス管理責任者とは、施設で介護が必要な人がきちんと十分なサービスを受けているのか確認するまとめ役です。サービス利用者や家族と面談をしたり、計画を立てる、介護職員の指導などが仕事です。つまり、介護で排泄や入浴をお手伝いするのではなく、どうやったら満足なサービスが提供できるのか考えるリーダーです。

サービス管理責任者になるためには、保健や医療、福祉、教育などで支援や相談を5~10年間やっているという実務経験が必要です。

また、「相談支援従事者初任者研修」と「サービス管理責任者研修」の研修を受けているのが資格取得の条件です。

ちなみに、似たような資格で「サービス提供責任者(サ責)」があります。この資格は、ヘルパーなど自宅を訪問して提供するサービスの責任者です。

サービス管理責任者の「サビ管」は施設、「サ責」は訪問と覚えておくと分かりやすいです。

まとめ

介護の資格は色んな種類がありますよね。しかも自治体が主宰なのか、法人が主宰なのかと資格によって管理されてる団体が違うのがややこしです。

しかし、介護の資格の入り口は介護職員初任者研修で、次に目指すのは介護福祉士です。これが介護の世界でキャリアアップする王道です。

そして、もし必要ならば認知症専門員や介護予防指導士の資格取得を目指していくと良いですよ。
また、介護で利用者のお世話をするのではなく、相談員になりたい、ケアマネージャーになって深く関わりたいなどの世界も介護職にはあります。どんなキャリアアップを目指すかは、自分次第ですね。